技術で社会に貢献 私たちのビジョン

トップページ>技術で社会に貢献 私たちのビジョン

お客様のために進化し続けるトータルモノづくり・ソリューションパートナー
「植物工場のいらない社会が望ましい」
植物工場装置メーカーの代表者がこのような事を語るのは矛盾していると思われるか
もしれません。
地球温暖化由来気象災害の頻発や農業従事者高齢化による生産力低下等食料生産が
直面する諸問題が無ければ、従来農法で十分であり、植物工場は必要ないと思います。
しかしながら農業生産現場は、地球温暖化と相次ぐ気象災害で生産量は不安定となり、
流通現場では生活必需品である野菜の通年安定確保が困難な状況となっています。
また、毎年生産者数と生産規模が減少しており、
このままでは安心・安全な国産野菜の生産・流通・消費が危ぶまれます。
「農業を始めてみたい」という方が増えているようですが、
従来型農業で新規営農従事者が質・量共に高い農作物を安定生産することは、一朝一夕
では不可能です。
土作り三年という言葉があるくらい経験が大切です。
経験を蓄積している期間に生活を維持するのは困難です。
私たちはそれを技術革新により解決する手段を普及する事業を展開しています。
植物栽培に適した環境を室内で用意し、太陽光の代わりに赤・青・緑色LED栽培光源
を使用し、土の代わりに水耕栽培を使用して一年中都心部でも食料生産が可能になり
ました。
今まで野菜生産経験が無い方や他産業出身の方が私たちの技術を使用して食の担い手
になっています。
消費地で生産できるため、消費までの距離と時間を短縮することになり、採れたて新鮮、
環境負荷の少ない地元産食材が安定して入手できます。
キーストーンテクノロジーが目指すのは、技術をもって、社会の課題を解決
(ソリューション)すること。
そして国際社会から信頼される企業市民となることです。
私たちは、いま直面している身近な課題から未来を見据えた長期的かつグローバルな
課題までを視野に入れ、時代が必要とする技術を提供し、社会と人を幸せにする
キーストーン(要石)であり続けます。

代表取締役社長・CEO 岡﨑 聖一

株式会社キーストーンテクノロジー

代表取締役社長・CEO

岡崎聖一

 
 
Column
キーストーンとは、ヨーロッパにみられる石造りの橋や城門など、
アーチ状の建造物の頂点に位置する石のこと。
アーチの両側からかかる力を受け止めてバランスをとることで、
建造物の構造を保つ重要な役割を果たしています。
外すと崩れてしまう重要な石、またアーチの両端を
「つなぐ」役割を果たす石。
キーストーンテクノロジーの社名には、そんな要石のような存在で
ありたいという想いが込められています。
keystone